アザール流出のチェルシー、サッリの“ユーベ行き”も加速か 後任候補にはレジェンドの名前

サッリ監督の去就に注目が集まっている【写真:Getty Images】
サッリ監督の去就に注目が集まっている【写真:Getty Images】

ダービーのランパード監督や元ユーベのアッレグリ監督がチェルシーの後任候補か

 ベルギー代表MFエデン・アザールのレアル・マドリード加入が決まった。今季まで所属したチェルシーは大エースを失うことになるが、それとともに今シーズンUEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇に導いたマウリツィオ・サッリ監督もユベントスに新天地を求めるのが確定となったようだ。英紙「ガーディアン」等が伝えている。

 同紙によるとサッリ監督の代理人が現地時間7日にチェルシーのフロント陣とコミュニケーションをとり、同監督がユベントスの指揮官となるための契約解除について合意に達した模様。ユベントス側がチェルシーに対して違約金を払わずに済む可能性は高く、3年契約を提示する模様だ。

 サッリ監督は2018-19シーズン、アントニオ・コンテ監督の後を受ける形でチェルシーの指揮官に就任。「サッリ・ボール」と呼ばれる能動的なポゼッションサッカーで序盤戦は快進撃を繰り広げたものの、その後の失速によってファンからの不興を買った。またマンチェスター・シティとのリーグカップ決勝ではスペイン代表GKケパ・アリサバラガの“交代拒否”騒動が起きるなど、EL制覇を成し遂げたものの全幅の信任を得るに至らなかった。

 サッリ監督の退団はかねてより噂されていたところだが、頼みの綱にしていたアザールがレアル移籍を決めたこともあり、今回の決断に至ったとみられる。

 ナポリなどで評価を高めたサッリ監督にとって、セリエA8連覇を決めた絶対王者での挑戦となる。その一方で興味深いのはチェルシーの後任監督候補だ。元パリ・サンジェルマン(PSG)監督のローラン・ブラン氏、ウォルバーハンプトンのヌーノ・サント監督、クラブのレジェンドであるダービーのフランク・ランパード監督、そしてなんと今季限りでユーベの指揮官を勇退したマッシミリアーノ・アレッグリ氏の名前も上がっているという。

 アザールとサッリ監督がチェルシーを去ることで、どんな監督シャッフルが起きるのか。チェルシーのホームタウンである西ロンドンの地も移籍市場を賑わせそうだ。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング