アジジの“車椅子事件”と気遣いの指揮官 「人間的に優れていた」と中田英寿を絶賛した理由

(左から)元イラン代表FWアジジ、元日本代表MF中田英寿【写真:Getty Images】
(左から)元イラン代表FWアジジ、元日本代表MF中田英寿【写真:Getty Images】

大切なのは“試合に負けた後” 「すぐに相手の監督のところへ握手をしに行け」

 気がつけば、街でもチーム内でも愛され、誰もが「バドゥさんのために」と口にするようになっていた。

 バドゥは、若い佐藤に指導者としての心構えを伝え続けた。

「この仕事は、人から見られて評価される。特に大切なのは、試合に負けた後だ。敗戦が決まったら、すぐに相手の監督のところへ握手をしに行け。おめでとう、と敬意を表すんだ」

 実際バドゥ監督は、敗戦の直後には即座にベンチから消えていた。佐藤が振り返る。

「試合を終えてスタッフの前だけでは、悔しさを露わにします。でもそれを選手にぶつけることは絶対にない。選手と向き合った時は、いつも冷静にかみ砕いて伝えていました」

 バドゥは、ジョホールバルの日本戦を終えた直後のことを鮮明に覚えている。日本代表の歓喜の輪から離れ、中田英寿が一人だけ歩み寄ってきて握手をすると、一言二言試合を振り返り去って行った。

「もちろん、彼はゲームの中でも一番の要注意人物だった。とてもクレバーなプレーをする選手だったが、人間的にも非常に優れていた」

 ブラジル生まれながら、ドイツで指導者の資格を取得したバドゥは、来日すると英語で指導をした。冷静で温和な立ち居振る舞いは、いかにも欧州的だったが、ピッチに出てボールを蹴り始めると、ブラジル人らしく見事なテクニックを披露したそうである。

(文中敬称略)

(第3回へ続く)

[プロフィール]
ヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラ(愛称バドゥ)

1944年7月11日生まれ。ブラジル・サンパウロ州生まれ。ドイツのケルン体育大学出身で、同国で指導者ライセンスを取得。1997年フランスW杯最終予選では、日本との第3代表決定戦直前にイラン代表監督に就任。日本には敗れたが、大陸間プレーオフでオーストラリアを下し本大会出場に導く。2006年からは長野エルザサッカークラブ(現・長野パルセイロ)で指導。他にコスタリカ、オマーン、クウェートなどの代表監督を歴任し、2014年にはJ2時代の京都サンガF.C.でも指揮を執った。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング