アジジの“車椅子事件”と気遣いの指揮官 「人間的に優れていた」と中田英寿を絶賛した理由

元イラン代表監督のバドゥ氏(左)【写真:Getty Images】
元イラン代表監督のバドゥ氏(左)【写真:Getty Images】

【老将バドゥと日本サッカー|第2回】ジョホールバルの前日練習で仕組んだ“サプライズ”

 フランス・ワールドカップ(W杯)予選を戦うイラン代表は、2人の国際的なストライカーを揃えていた。圧倒的な高さと強さを誇るアリ・ダエイと、俊敏なゴダダド・アジジ。チームを指揮するバドゥは、日本代表とマレーシアのジョホールバルで対戦したフランスW杯アジア最終予選・第3代表決定戦(1997年11月16日)の前日練習で、敢えてアジジを車椅子に乗せて登場させた。

 2006年から長野エルザ(現・長野パルセイロ)で、バドゥ監督にコーチとして寄り添った佐藤実が語る。

「もちろんアジジの様子が、メディアでどう報じられるかは計算していたそうです。翌日プレーする選手が車椅子で出てくるのは考えられないことなので、必ず日本のスカウティングやチーム構成に影響が出ると読んでいたようです」

 アジジが元気なのが、日本陣営にばれていることは知らなかった。結局イランは後半に一度2-1と逆転に成功するが、再び日本に追いつかれ延長後半のゴールデンゴールの末に敗れる。

 悲願のW杯初出場を決めて、日本ベンチは有頂天の大騒ぎになった。バドゥはイランの選手たちに、その光景を最後まで見届けさせ「いいか、俺たちも次の大陸間プレーオフでオーストラリアを下して、同じ喜びを味わうんだ」と声をかけた。そして実際にオーストラリアを下して、フランス行きの切符を手にするのだった。

 佐藤は車椅子に乗ったアジジを浮かべると、「そう言えば、バドゥさんはサプライズが好きだったな」と思い出す。

「まだホームページもできていない時代で、現場のバドゥ監督がつかめる選手たちの情報は、名前と特徴くらいでした。早速バドゥさんは、スタッフに彼らの誕生日を含めたプロフィールを調べさせたんです。ミーティングになると、試合の総括などと一緒に『今日は素晴らしい日だ。○○が何回目の誕生日を迎えた』などと話し始める。特に試合に出ていない選手たちなどは、しっかり見ていてくれたんだ、と確認することができます。チームはファミリーと口で言うのは簡単ですが、ここまでしっかり個々への気遣いができる人は、なかなかいません。スタッフや選手はもちろん、応援してくれるサポーターも『絶対に大事にするんだ』と繰り返していました」

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング