17歳MF久保建英、「キレッキレ」の“幻惑ドリブル”を披露 相手転倒の瞬間映像に反響

久保が切れ味鋭いドリブルを披露【写真:高橋学】
久保が切れ味鋭いドリブルを披露【写真:高橋学】

橋本のゴールでFC東京が先制、久保が2ゴールの活躍

 首位のFC東京が1日のJ1第14節で5位の大分トリニータと対戦し、3-1と快勝した。日本代表に初選出されたFC東京の17歳MF久保建英が2ゴールで今季通算4ゴールに伸ばした一方、後半には相手を地面に転倒させるほどの切れ味鋭いドリブルを披露。DAZN公式ツイッターが映像を公開している。

 6月5日(トリニダード・トバゴ戦)・9日(エルサルバドル戦)の国際親善試合に加え、同月のコパ・アメリカの日本代表メンバーに選出されたFC東京の久保が自らの価値をピッチ上で見せつけている。

 前節でリーグ戦今季初黒星となったFC東京だが、その影響は感じさせず序盤から相手ゴールに迫る。そして前半30分、DF室屋成のクロスからMF橋本拳人がヘディングで合わせて先制点。さらに同39分、17歳アタッカーが輝く。

 カウンターを仕掛けようとした大分からボールを奪った久保がドリブルで駆け上がり、FC東京がショートカウンターを発動。中央やや左寄りからペナルティーエリア内に進入した久保は左足を振り抜くと、相手に当たって軌道は変化したが鋭いボールがニアへ突き刺さった。

 さらに後半早々、久保が相手ペナルティーエリア右でボールを保持した際、大分MF松本怜が素早く寄せる。久保は小回りの利いたターンでプレスを回避して縦方向にドリブルを開始。急いで戻った松本が再び対応するも華麗な切り返しで翻弄。その切れ味に松本はついていけず、思わずピッチに転倒した。圧巻のスキルでエリア内に侵入した久保がラストパスを送るも、MF髙萩洋次郎のシュートは枠外へ外れた。

 DAZN公式ツイッターは「キレッキレのドリブルで好機を創出」と記し、久保がドリブルで翻弄した映像を公開。投稿は多くの人にリツイートされ、“いいね”の件数も一気に増えるなど反響を呼んでいる。

 終了間際にはこの日2ゴール目をマークした久保。日本代表でのプレーも注目される17歳が躍動感に満ちたプレーで特大のインパクトを放った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング