日本での人気にスペイン紙も注目 レアル神童FWの歓迎ぶりに「スーパースターだった」

レアル・マドリードのFWヴィニシウス【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのFWヴィニシウス【写真:Getty Images】

21日に来日した18歳ヴィニシウス、その人気ぶりに驚愕 「ほとんど全員が彼の名前を叫んでいた」

 レアル・マドリードのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが21日に初来日を果たし、都内で複数のイベントに出席。日本で受けた盛大な歓迎に対して、スペイン紙「マルカ」は「ヴィニシウスは日本でスーパースターだった」と見出しを打って報じ、「完全に予想外だった」と驚きを見せている。

 ヴィニシウスがアンバサダーを務める時計メーカー「GaGaミラノ」主催のサッカークリニックでは、フットサルコートで「Real Madrid Foundation Football School Japan」の生徒約20名とともにミニゲームを実施して交流を図った。

 ヴィニシウスは今季レアルに加入したばかりだが、18歳とは思えぬ迫力ある突破力を見せつけた。クラブの未来を担う前途有望なルーキーとして期待が寄せられているが、記事では日本での人気ぶりが想定を遥かに上回るものであったことに驚きを隠しきれない様子だった。

「空港でサインの入手や写真の撮影で待ち構えていたファンは50人を超えており、これは完全に予想外だった。日本の子どもたちと公開試合を行った際は観客席がほぼ埋め尽くされており、ほとんど全員の参加者が彼の名前を叫んでいた」

 来年には東京五輪が開催されるが、ヴォニシウスはその世代に該当しており、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペと並んで東京五輪の主役と目される1人だ。レアルで飛躍を遂げ、世界的なアタッカーの仲間入りを果たすだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング