コバチ監督、バイエルン退団の噂を完全否定 「契約をまっとうすることになると思う」

バイエルンを率いるコバチ監督【写真:Getty Images】
バイエルンを率いるコバチ監督【写真:Getty Images】

ファンは続投を願うシュプレヒコール 「ニコ・コバチ、あなたこそ最高だ!」

 バイエルン・ミュンヘンは現地時間18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトを5-1で破り、7連覇を達成した。指揮官のニコ・コバチ監督は様々な噂が流れている自身の去就について、「契約をまっとうすることになると思う」とコメントを残している。

 フランツ・ベッケンバウアー名誉会長に続き、バイエルンで選手と指揮官の両方でマイスターシャーレ(優勝皿)を掲げた2人目の人物となったコバチ監督。25日のDFBポカール決勝でライプツィヒを下せば就任初年度で2冠達成となるが、その続投を巡ってはネガティブな噂が絶えない。

 ドイツのメディアはバイエルンがクラブOBで現在PSVを率いるマルク・ファン・ボメル監督招聘に動いていると報じ、ジャーナリストのレネ・ヒーペン氏もドイツ誌「フォークス」のインタビューで「彼がバイエルンにとどまるとは思えない」とはっきり述べるなど、コバチ監督は今季限りでの退団が濃厚とみなされていた。

 しかし、ファンはコバチ監督の続投を願っているようだ。ドイツ地元紙「tz」によると、18日の試合中、南スタンドのサポーターはコバチ監督の名を叫び、支持を表明。ファンからの大声援を受け取ったコバチ監督が嬉しそうに拍手をし、南スタンドに向けて親指を立ててみせると、「ニコ・コバチ、あなたこそ最高だ!」とのシュプレヒコールが飛んだという。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング