香川真司、“親友”ギュンドアンの連覇&芸術的カーブFK弾を祝福 「なんてゴールだ」

4点目となる芸術的FK弾を決めたMFギュンドアン【写真:Getty Images】
4点目となる芸術的FK弾を決めたMFギュンドアン【写真:Getty Images】

最終節ブライトン戦でダメ押しの4点目を記録して優勝「おめでとう、ギュンドアン」

 マンチェスター・シティは現地時間12日に行われたプレミアリーグ最終節ブライトン戦に4-1で勝利し、リーグ2連覇を果たした。シティ3年目のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンはチーム4点目となる芸術的FK弾を決めたが、ドルトムント時代に同僚だった日本代表MF香川真司(ベジクタシュ)もインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「なんてゴール」だと賛辞の言葉を送っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2位リバプールと勝ち点「1」差で最終節を迎えた首位シティは前半27分、ブライトンにまさかの先制を許す展開となる。しかし、直後にアルゼンシン代表FWセルヒオ・アグエロが同点とすると、前半38分にフランス人DFアイメリク・ラポルテがセットプレーから勝ち越し点。後半18分にはアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが鋭い切り返しから弾丸シュートを突き刺してリードを広げる。優勝を大きく手繰り寄せて迎えた後半27分だった。

 ペナルティーアーク後方の約20メートルでFKを獲得したシティは、ギュンドアンがキッカーを担当。短い助走から右足を振り抜くと、壁の右端上ギリギリを越えたボールは鋭くゴール側に曲がり、GKの横っ飛びも寄せ付けずにゴール右隅に突き刺さった。

 ギュンドアンは今季リーグ戦6ゴール目となったが、自身のシーズン最多得点数を8シーズンぶりに更新。シティにとっても大きな4点目となり、そのまま4-1でブライトンを破ってリーグ2連覇を達成した。

 この芸術的FK弾に反応したのが、日本代表MF香川だ。インスタグラムのストーリーで、笑顔で優勝カップを持つギュンドアンの写真とともに、「おめでとう、ギュンドアン。なんてゴールだ」と祝福&称賛している。

 2人はギュンドアンがドルトムントに加入した2011年夏から、通算3シーズンにわたって共闘。香川が運転免許停止処分になったことから、ギュンドアンが練習場へ車に乗せて連れていくことになり、それがきっかけで仲良くなったことはファンの間で有名な話だ。香川がベジクタシュのデビュー戦で2ゴールを決めた際にも、ギュンドアンは自身の公式ツイッターで「シンジーーー、お前はクレイジーだ! なんてデビューなんだ! 兄弟の活躍が最高に幸せだ!!」と喜びを爆発させていた。

 お互いに違うチームでプレーする今なお、親友の関係は続いているようだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」