リバプール、“世紀の決勝セットプレー”を多角度検証で反響 「歴代最高のトリック」

オリギがゴールに結びつけて大逆転劇を完結させた【写真:Getty Images】
オリギがゴールに結びつけて大逆転劇を完結させた【写真:Getty Images】

CL準決勝バルサ戦で世紀の大逆転劇 勝負を分けたセットプレーにリバプールが再脚光

 リバプールは現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でバルセロナに4-0で勝利を収めた。第1戦の0-3という敗北から大逆転で2年連続決勝進出の奇跡が起きたが、その余韻は数日経過した今もまだ続いている。勝負の分かれ目となった4点目の頭脳的セットプレーをさまざまな角度から捉えた動画をリバプール公式ツイッターが公開すると、「歴代最高のトリック」「世紀のゴール」「何回見ても飽きない」と再び反響を呼んでいる。

 逆転突破のためには4得点が必要な状況で試合を迎えたリバプール。エジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが負傷欠場と“飛車角落ち”の苦しい戦いとなったなか、前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギのゴールで反撃の狼煙を上げると、後半9分と11分に途中出場のオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが連続ゴールをマーク。これでスコアをタイに戻し、極めつけは後半34分だった。

 CKのチャンスでイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが機転を利かせた素早いリスタートを決めると、オリギがきっちりとゴールに結びつけて大逆転劇を完結させた。

 英紙「インディペンデント」はアレクサンダー=アーノルドの意表を突いたセットプレーは前もって決めていたサインプレーではなかったが、リバプールのアナリストがビデオによる分析でバルセロナの弱点を見抜いたことで生まれたものだったと伝えていた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング