「まるで不幸な結末のおとぎ話」 アヤックス21歳MF、大逆転でのCL敗退に悲嘆

アヤックスMFデ・ヨング【写真:Getty Images】
アヤックスMFデ・ヨング【写真:Getty Images】

欧州制覇がお預けになったバルサ移籍内定のデ・ヨング

 オランダの強豪アヤックスは、現地時間8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝トットナムとの第2戦で、2戦合計スコアで一時3-0としながら後半アディショナルタイムの失点でひっくり返される、まさかの逆転負けを喫した。オランダ代表の21歳MFフレンキー・デ・ヨングは、チームが決勝にたどり着くに値するチームだったと信じつつ、衝撃の逆転負けに「不幸な結末だった」と肩を落とした。スペイン紙「AS」が報じている。

 第1戦を敵地で1-0と勝利していたアヤックスは、本拠地で迎えた第2戦でも前半に2点をリードする展開となった。ところが、後半に3つの失点を重ねて2戦合計スコア3-3となり、アウェーゴールの差でまさかの準決勝敗退となった。

 来季からバルセロナに移籍することが決まっており、アヤックスでCLを制覇するには今季しかなかったデ・ヨングは、「我々はトーナメントを通して、また今夜の前後半を通しても決勝進出に値するものを見せていたと思う。とはいえ、トットナムは後半のパフォーマンスで権利を獲得した」と主張。そのうえで、沈痛な思いを口にしている。

「今シーズン、CLでの勝ち上がりはみんなが楽しんでいたと思う。これはまさにおとぎ話のようなものだった。だけど、残念ながら不幸な結末の待っているものだったね。最後の数秒で失ってしまったのはとても残念だ。我々はホームでもアウェーでも、いつもと同じようにプレーしようとしている。そして今夜は前半のパフォーマンスを維持できれば、間違いなく勝っていただろうね」

 あと一歩のところで夢破れたデ・ヨング。来季はバルセロナの一員として、リベンジの機会を待ちたいところだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング