バイエルンMFリベリー、圧巻ダブルタッチ股抜きをブンデスが回顧 「多くの人は…」

バイエルンMFフランク・リベリー【写真:Getty Images】
バイエルンMFフランク・リベリー【写真:Getty Images】

5日にバイエルン退団が正式決定 ブンデス公式ツイッターが別れを惜しんで動画を投稿

 バイエルンは現地時間5日、元フランス代表MFフランク・リベリーの今季限りでの退団を正式発表した。これまでブンデスリーガ優勝8回を経験するなど、主力としてクラブに数々の栄光をもたらしたベテランウインガーとの別れをリーグ公式ツイッターも惜しみ、美技を回顧している。

 リベリーは2007年にマルセイユからバイエルンへ加入。元オランダ代表MFアリエン・ロッベンとの両翼コンビで、これまでブンデスリーガ優勝8度を経験し、2012-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ制覇も果たした。

 リベリーとバイエルンの契約は2019年6月までで、その去就についてはさまざまな噂が浮上していたが、今月5日にクラブから退団が正式発表された。

 今季はリーグ戦2試合とDFBポカール決勝を残すのみとなったなか、ブンデスリーガ公式ツイッター英語版は「多くの人は彼を恋しがるだろう。多くの人はそうではない」と一言添え、リベリーの美技動画を公開した。映像では、左サイドのタッチライン際でボールを持ったリベリーに対し、相手が2人がかりでボールを奪いにかかるも、右足裏でコントロールして切り返したかと思えば、すかさずダブルタッチで股抜きを成功させ、置き去りにしてみせた。

 投稿には、「彼を恋しがらないのはDFだけ」「世界で知られるレジェンド」「真のワールドクラス」といったコメントが書き込まれている。

 果たしてリベリーは来季、どこでプレーすることになるのだろうか。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング