ドルトムント幹部、19歳MFサンチョの今夏移籍を否定 オファーは「一つも届いてない」

ドルトムントMFサンチョ【写真:Getty Images】
ドルトムントMFサンチョ【写真:Getty Images】

ツォルク氏が来季もドルトムントでプレーすると明言

 ドルトムントのSD(スポーツ・ディレクター)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、今夏での移籍が噂されているイングランド代表MFジェイドン・サンチョについて、「来季も残留する」と明言している。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 19歳のサンチョは、今季ここまでブンデスリーガで11ゴール14アシストと活躍。同選手には欧州中のビッグクラブが注目しており、これまでもレアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得を目論んでいると報じられてきた。

 ツォルク氏は衛星放送「スカイ・ドイツ」に対し、「我々に(オファーは)一つも届いていない」と述べ、「(オファーが来ると)期待もしていないし、欲しくもない。なぜなら、彼は我々のプランに入れているからだ。彼は来シーズンもボルシア・ドルトムントでプレーする。誰一人として接触しない」と、移籍の可能性はないと断言した。

 同氏は先月にも、サンチョの今夏の移籍はないと明言していた。その一方で「彼がこのまま活躍を続ければ、特にイングランドのクラブ間で、彼を巡る争奪戦が激しくなることは明らかだ。ジェイドンがキャリアの最後までドルトムントでプレーすることはまずないだろう」とも述べており、サンチョのドルトムントでの時間は、いずれ終わりを告げるとも予測していた。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング