「贅沢な失業者」コンテ、来季の監督就任先を伊メディア予想 確率“60%”の本命は?

来季以降の行き先が注目されているコンテ氏【写真:Getty Images】
来季以降の行き先が注目されているコンテ氏【写真:Getty Images】

インテルが最有力と予想 「マロッタCEOと再びコンビを組む」

 イタリア・セリエAでは、早くも来季の監督人事が話題の一つになっているが、元イタリア代表監督で昨年7月にチェルシーを解任されたアントニオ・コンテ氏は、その行き先が注目されている。イタリア衛星放送「スポーツ・メディアセット」では、その“就職先”をパーセンテージで予想している。

 コンテ氏は今季のプレシーズンが幕を開けた直後に、チェルシーの監督を解任された。それにより、今季中は契約の問題で新たなチームを率いるのが難しいという報道が支配的で、すでに来季以降の行き先が注目されている。引く手あまたの状況に「贅沢な失業者」と表現されたコンテ氏の新天地は、インテルが最有力だとされている。

「60%がインテルで、20%がユベントス、15%がローマで、5%がその他だ。インテルで、ユベントス時代と同じくジュゼッペ・マロッタ(CEO)と再びコンビを組むだろう。ただし、コンテはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)への出場を就職先への条件にしていない。そのため、他のクラブにもチャンスは残る」

 インテルはルチアーノ・スパレッティ監督が率い、現在はリーグで3位。4位のACミランとは少し差がついたため(33節終了時点で勝ち点5差)、来季のCL出場権は高い確率で獲得できそうだ。それでも、今季中に契約問題で揺れたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディからキャプテンを剥奪するなど、チームのすべてが上手く回っているとは言い難い。そうしたなかで、マロッタCEOが古巣ユベントス時代に3連覇を成し遂げた監督であるコンテ氏を招聘するという見方は根強い。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング