ブスケッツ、将来的なMLS挑戦も視野 「控えになってもバルサの選手でありたいとは…」

「アメリカのファンでそのサッカーは進化し続けている。MLSには競争力がある」

「未来に関して確実に予想することはできないが、アメリカのファンでそのサッカーは進化し続けている。(MLSには)競争力があって、プレーオフはこっちで慣れていることとは違い、僕には魅力的に感じる」

 さらに記事によれば、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミを勧められたブスケッツは、ビーチでの暮らしはパートナーのエレナ・ガレラと2人の子供に喜ばれ、賛成してくれると思うと笑いながら答えたという。

 ブスケッツは契約期間をまだ4年間も残していて、その後について話を進めるのは時期尚早に感じるが、本人はすでに考えを巡らせているようだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング