ブスケッツ、将来的なMLS挑戦も視野 「控えになってもバルサの選手でありたいとは…」

バルサMFブスケッツ【写真:Getty Images】
バルサMFブスケッツ【写真:Getty Images】

2023年にバルサとの契約が満了するブスケッツ、キャリアの終え方について見解を展開

 バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは、トップチームでの11年目のシーズンを終えようとしている。キャリアも終盤に差しかかったブスケッツは米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」の取材に応じ、将来的にアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)でのプレーを思い描いていると明かした。

 下部組織時代からバルサに所属するブスケッツは、2008年に当時の指揮官だったペップ・グアルディオラ監督に見出されてトップチームに昇格。今季で11シーズン目を迎えているが、30代となり、キャリアの終え方についても考えているようだ。

 ブスケッツとバルサの契約期間は2023年6月まで。すぐに退団したいという意向は持っていない一方で、バルサで引退しようとは考えていないという。

「ずっと言い続けていたことだが、控えになっても20年間バルサの選手であり続けたいとは思わない。野心が薄れてきたり、フィジカル的にパスが出せなくなったりした時、一線を退くことになるだろう。そして特別だったことを感じ続けるだろうし、僕がクラブに捧げてきたものは残り続けることだろう」

 引退への考え方を明かしたブスケッツは、バルサOBで現在はカタール1部アル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビやヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのように、海外でのプレーを夢見ている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング