負傷離脱の独代表GKノイアー、引退の噂を一蹴 「笑った」「2週間後にプレーできる」

バイエルンGKノイアー【写真:Getty Images】
バイエルンGKノイアー【写真:Getty Images】

キャンセルされなかった会見で広がった憶測、ノイアーが出席の理由について明かす

 バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが水曜日に引退を発表するのではないか。そんな噂がSNSで飛び交った。だが、ノイアーはこの噂を「おかしかった」と笑い飛ばしている。衛星放送「FOXスポーツ」が報じた。

 発端は、14日に行われたブンデスリーガ第29節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦(4-1)でノイアーがふくらはぎを負傷したことだった。これにより2週間の戦線離脱を強いられることになったノイアーだが、数日前に彼が出席することが発表される記者会見がキャンセルされなかったのだ。そのため、この会見は彼の将来に関わる話が出てくるのではないかという憶測が広がったという。

 現在33歳のノイアーは、負傷で2017-18シーズンのほとんどを棒に振り、リーグ戦の出場は3試合にとどまった。3月にはふくらはぎを負傷し、その前にも親指の負傷に見舞われている。

 会見で引退について聞かれたノイアーは、「正直に言うと、その話を聞いて笑ってしまったんだ。この会見をやることは、1週間前に決まっていた。僕の話を聞きたいという人が多くいたから、出席するように準備をしていたんだよ。それが、この会見をキャンセルしなかった理由だ」と説明している。

 ノイアーは、5月11日のライプツィヒ戦での復帰を目指して、治療とリハビリを続けていくという。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング