久保建英の「急成長」と新助っ人の「上積み」 好調なFC東京、“大失速”からの逆襲

チームを牽引するMF久保建英(右)【写真:Getty Images】
チームを牽引するMF久保建英(右)【写真:Getty Images】

開幕からの好スタートは2年連続も…昨年の後半戦はリーグ17位と大ブレーキ

 J1リーグの第6節、FC東京はホームで清水エスパルスに2-1と逆転勝利を収めた。ここまで未勝利の清水が相手なので、想定外の苦戦だったかもしれない。

 主導権は握り続けた。だが後半開始2分に先制を許し、もし同27分に与えた決定機で北川航也に決められていれば、決着しても不思議はなかった。長谷川健太監督は、昨年も古巣相手のホームゲームで完敗していたから、チームの空気が怪しくなった可能性もある。しかし終わってみれば、追いつき、さらに逆転勝利につなげたことで、今後の展開に光を灯す重要な収穫を手にしていた。

 今シーズン序盤のJ1は、まるで昨年のデジャヴだ。6節を終えサンフレッチェ広島が首位に飛び出し、それをFC東京が追う。しかし昨年は両チームともに、後半戦で大失速を経験した。特にFC東京は、後半戦に限れば17位。駅伝なら大ブレーキである。長谷川監督は「30歳前後の選手が増えてきたので、若くてイキのいい選手に出てきて欲しいと考えていましたが、突き抜ける若手を出せなかった」と振り返った。とりわけ後半戦は得点数が最下位に落ち込み、「永井謙佑の故障が大きかった」と語った。

 当然今年のテーマは、攻撃面で新戦力を取り込み、シーズンを乗り切るバリエーションを構築することだった。幸いシーズン開幕から急成長の久保建英がスタメンに食い込み、逆にチームを牽引するようになった。指揮官も「この年代の急成長には本当に驚かされる」と漏らすほどの、嬉しい誤算だった。一方で上積みとして期待していたのが、新外国籍選手の韓国代表ナ・サンホとジャエルである。

 そして長谷川監督は、攻勢に試合を進めながら1失点が重い展開となった清水戦で、後半15分に2人を同時にピッチに送り出した。前節の浦和レッズ戦(1-1)では、勝利目前の後半アディショナルタイムに同点弾を食らったが、そこは「ホームなので仕掛けの姿勢を貫きたい」と割り切った。ボランチの高萩洋次郎を下げ、ナ・サンホを左MFに組み込み、東慶悟が中央へ移動。永井に代わりジャエルが入った。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング