PSGの二の舞は避けたいバルサDFピケ 「僕たちよりも良い結果を手にしたが…」

バルサDFピケ【写真:Getty Images】
バルサDFピケ【写真:Getty Images】

アウェーでマンUに1-0先勝も、「この状況をひっくり返せる力がある」と古巣を警戒

 バルセロナは10日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第1戦で、マンチェスター・ユナイテッドに1-0で勝利した。チームの完封勝利に大きく貢献したスペイン代表DFジェラール・ピケについて、スペイン紙「AS」は「現在、世界最高のセンターバックだ」と称賛。一方で、ピケ自身は2008年まで所属していた古巣への警戒心を示している。

 ユナイテッド戦でピケが見せたパフォーマンスは、バルセロナのファンにとっては誇らしいものだっただろう。「AS」は「イングランドに戻り、守備の職人芸を見せた。ヘディングでボールを飛ばし、最終ラインを統率し、プレミアリーグクラブのカウンターに対応するスピードも見せた」と、絶賛した。

 そんな会心の試合をした後、ピケは「ここでの試合は特別なものだ。僕自身、チーム全体の守備面を考えても、個人的にも、最高の状態にあると感じている。年齢を重ね、経験も積み、とても充実している。ここで勝つのは難しいことだからね」と勝利を喜んだ。

 だが、慢心する様子はなかった。頭の中には、ラウンド16で敗退したパリ・サンジェルマン(PSG)のことがあったようだ。PSGはラウンド16でユナイテッドと対戦。アウェーの第1戦でユナイテッドに2-0で勝利したが、その後にホームでの第2戦で1-3の敗戦を喫し、アウェーゴール数で大会を去ることになっている。

「PSGは、ここで僕たちよりも良い結果を手にしていた。この結果を信じてはいけない。彼らに何が起こったか、思い出すべきだ。ユナイテッドは素晴らしいクラブであり、この状況をひっくり返せる力がある」と、第2戦での“赤い悪魔”を警戒した。

 PSGと同じ轍を踏まないことを誓ったピケだが、第2戦でユナイテッドを完封できれば、準決勝進出は確定する。「(第2戦では)僕たちのファンが、間違いなく助けてくれるはずだ」と語ったピケは、カンプ・ノウでバルセロナを4シーズンぶりの4強進出に導けるか。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング