「ビバ・ロナウド!」 顔面流血のメッシ、マンUファンがC・ロナウドのチャント大合唱

バルサFWメッシ(左)、ユベントスFWロナウド(右)【写真:Getty Images & AP】
バルサFWメッシ(左)、ユベントスFWロナウド(右)【写真:Getty Images & AP】

敵地で先勝のバルサ 治療中のメッシにマンUファンが浴びせたチャントに英紙注目

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間10日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発フル出場。決勝弾となるオウンゴールを誘発し、アウェーでの1-0の勝利に貢献した。一方、試合中の接触で顔面から流血する騒動に見舞われ、その際にユナイテッドサポーターから浴びせられたチャントが話題を呼んでいる。

 敵地に乗り込んだバルセロナは、守備に重点を置く3バックシステムを導入してきたユナイテッドの牙城を早々に崩す。前半12分、MFセルヒオ・ブスケッツの浮き球のスルーパスに抜け出したメッシがペナルティーエリア左でボールをキープすると、左足でファーサイドにクロスを供給。スペースに走り込んだFWルイス・スアレスが頭で合わせたシュートが相手DFルーク・ショーに当たり、そのままゴール左隅へと流れ込むオウンゴールとなった。

 貴重なアウェーゴールを奪う幸先の良いスタートを切ったものの、前半29分にメッシをアクシデントが襲う。自陣に下がってきたメッシがハイボールを処理しようとしたところ、背後から相手DFクリス・スモーリングに猛烈なタックルを見舞われる。メッシは顔を抑えながらピッチに転倒し、滴るほどの出血が見られた。英紙「デイリー・スター」は「メッシはスモーリングのタックルにより血まみれにされた」と表現している。

 治療のためピッチから離れる際、オールド・トラフォードに集まったユナイテッドサポーターは現在ユベントスに在籍するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのチャントを大合唱。ロナウドは昨季までバルセロナの宿敵レアル・マドリードのエースとして活躍していたこともあり、メッシに対しての最大の揶揄として「ビバ・ロナウド」とユナイテッドの英雄の名前を引き合いに出した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング