50m超絶ドリブル弾のサラー、味方への珍フェイントに英紙注目 「爆笑ものの瞬間」

サラーが7試合ぶりのゴールを挙げた【写真:Getty Images】
サラーが7試合ぶりのゴールを挙げた【写真:Getty Images】

サラーが7試合ぶりのゴールで3-1の勝利に貢献 50mのドリブルから圧巻の決勝弾

 リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは現地時間5日、プレミアリーグ第33節のサウサンプトン戦で決勝弾を奪い、3-1の逆転勝利に貢献した。リーグ戦7試合ぶりとなる待望のゴールに喜びを爆発させたサラーだが、ゴールセレブレーションの際にチームメートに見せたボディフェイントにも注目が集まっている。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 昨季にプレミア歴代最多記録となる32ゴールを記録したサラーは、今季もサウサンプトン戦前の時点で17ゴールを挙げ得点王争いに参入しているが、2月9日に行われた第26節ボーンマス戦(3-0)以来、ゴール欠乏症のスランプに陥り、プレー自体は本調子にもかかわらずゴールだけが奪えない難しい状況が続いていた。

 前節のトットナム戦では後半45分にサラーがヘディングでネットを揺らしたものの、相手DFに当たってゴールラインを割ったため、オウンゴールの判定となり、正式なスコアラーとなることはできなかった。しかし、サウサンプトン戦でついに長いトンネルから脱することになった。

 1-1で迎えた後半35分のカウンターの場面、自陣でボールを拾ったサラーはそこからドリブルを開始。圧倒的なスピードからきめ細かなボディフェイントを交えて、ゴール前へと運ぶと、相手守備陣のわずかな隙間を突く左足のシュートをゴール右に突き刺した。約50mのドリブルから個人の力で決勝弾を奪う、サラーらしい一撃で無得点の呪縛を解いた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング