「マルセロはマルセロ」 ジダン監督、非難殺到のブラジル代表DFを擁護「プレーが好き」

多くの批判が集まっているマルセロをジダン監督が擁護【写真:Getty Images】
多くの批判が集まっているマルセロをジダン監督が擁護【写真:Getty Images】

監督再就任後、初黒星を喫すもジダンは「選手たちに対して、非難することは何もない」

 レアル・マドリードは現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第30節バレンシア戦で1-2と敗戦を喫した。この試合で低調なパフォーマンスに終わったブラジル代表DFマルセロに多くの批判が集まっているが、ジネディーヌ・ジダン監督は「マルセロはマルセロだ。彼のプレーが好きなんだ」と擁護するコメントを残した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 アウェーでの一戦に臨んだレアルだったが、前半35分にバレンシアに先制点を奪われる苦しい展開を強いられる。その後もボールこそ支配したが、攻撃のアイデアを欠いてチャンスを作ることができず。逆に後半38分にセットプレーから2失点目を許して万事休す。後半アディショナルタイムに元フランス代表FWカリム・ベンゼマがゴールを奪ったが、1-2で敗れたレアルは、ジダン監督就任後初の黒星となった。

 試合後、ジダン監督は低調なパフォーマンスに終わり、批判の的となっているマルセロに対して言及。「マルセロはマルセロだ」と擁護した。

「私は彼のプレーが好きだし、彼が良い状態だと見ている。しっかりトレーニングに励んでいるし、今シーズンはマルセロに限らず、誰にとっても難しいものなんだ」

 また、ジダン監督は「良いプレーをしていたが、先制点を取れなかった。何も得られなかったが、トライを続けていた。私は自分の選手たちに対して、非難することは何もない。我々は敗れた。その結果を受け入れなければならない」と次戦に向けて前を向くように説いた。

 ジダン監督復帰前はレギュラー落ちも経験し、ユベントス移籍の噂もあるマルセロ。トップフォームを取り戻し、再び健在をアピールできるだろうか。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング