ノルウェーの神童が“回転式股抜き”で瞬殺 圧巻テクニックに海外称賛「普通じゃない」

エデゴーが見せた華麗すぎるテクニックが話題となっている【写真:Getty Images】
エデゴーが見せた華麗すぎるテクニックが話題となっている【写真:Getty Images】

フィテッセのエデゴーがAZ戦で華麗な股抜きテクニックを披露「ファンタスティック」

 オランダ1部フィテッセは、現地時間2日のエールディビジ第28節AZアルクマール戦に2-2で引き分けた。2点ビハインドを後半の猛攻で同点に追いついたなか、かつてレアル・マドリードで“神童”として注目された20歳のノルウェー代表FWマルティン・エデゴーが見せた華麗すぎるテクニックが話題となっている。

 母国のストレームスゴトセトでプロデビューを飾ったエデゴーは、ノルウェーリーグの最年少出場や得点の記録を更新。ノルウェー史上最年少でA代表デビューを飾るなど、瞬く間にその名を世界に知らしめた。2015-16シーズンにはスペインの名門レアルに移籍し、クラブ史上最年少となる16歳157日でトップチームデビュー。“神童”として一躍注目を集めたが、その後はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやウェールズ代表FWギャレス・ベイルらの壁に阻まれ、レアルのBチームにあたるカスティージャでのプレーが続いた。

 2017年1月にレアルからヘーレンフェーンへ期限付き移籍。日本代表MF小林祐希とも一緒にプレーし、今季から同じオランダのフィテッセに活躍の場を移した。

 2日のAZ戦、右サイドハーフとして先発出場したエデゴーは、2-2の同点に追いついた直後の後半34分に巧みなテクニックを見せる。右サイドでボールをキープするもすぐさまAZの選手2人に囲まれたなか、相手に背を向けながら左足裏でボールに触れると同時に、反転しながら右足裏でわずかにボールをずらし、そのまま左足でチップ。AZのオランダ人MFテーン・クープマイナーズの股下を抜くと、ゴールライン際をドリブルで攻め込んだ。

 衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版公式ツイッターは、「ファンタスティック、普通じゃない」と動画付きで公開。ファンから「魅了された」「宝石」「アンストッパブル」とコメントが相次ぎ、AZの元ノルウェー代表FWビヨルン・ヨハンセンも反応するなど、反響を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング