「ワクワクしている」 “豪州の一員”本田が必勝宣言「日本のチームに勝たなければ」

日本代表を引き合いに表現「自分たちのスタイルを信じる必要がある」

 また、初戦では3失点の敗戦を喫したものの、日本代表のチーム作りを引き合いに出し、長期的なビジョンでスタイルを貫くべきと強調した。

「試合に負けはしたけど、クラブと選手たちを誇りに思っている。最も大事なことは結果だが、我々はどのようにプレーするのかも固めなければならない。自分たちのスタイルを信じる必要がある。すでに何人かの選手とは話したし、もちろん、ケビン(・マスカット監督)とも話した。自分たちは日本でも同じスタイルでプレーするつもりだ。それがクラブに素晴らしい成功をもたらすことになる。それ(哲学を貫くこと)は文化を築くということ。選手、監督、サポーターとともにです。実例を挙げるなら、日本代表は4年ごとに指揮官に応じてスタイルを変えてきた」

 2007年の名古屋グランパス時代以来となるJクラブとの対戦となり、本田はメルボルン・Vを牽引するリーダーとして広島の本拠地に乗り込むことになる。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング