名将ベンゲルに“FIFA行き”の可能性 役職は「スペシャルアドバイザー」と仏紙報道

現在フリーとなっているベンゲル氏【写真:Getty Images】
現在フリーとなっているベンゲル氏【写真:Getty Images】

テクノロジーの変革やルール変更など、統括的な役割をオファーか

 かつて名古屋グランパスの監督を務め、長年在籍したアーセナルの監督を昨夏に退任したアーセン・ベンゲル氏には、パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクター就任などの噂が上がっていたが、ここに来てFIFA(国際サッカー連盟)の役職に就く可能性が浮上した。仏紙「ル・パリジャン」が報じている。

 PSGは1月の移籍市場でアヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デヨング(今夏バルセロナへ移籍内定)の獲得に失敗。さらにフランス代表MFアドリアン・ラビオの契約問題を巡ってトーマス・トゥヘル監督と意見の相違があることから、スポーツディレクターを務めるアンテロ・エンリケ氏の後任として、ベンゲル氏に白羽の矢を立てたと言われていた。

 しかし、PSGの会長であるアル・ケライフィ氏がベンゲル氏との良好な関係を認めつつも、エンリケ氏への信頼を表明。ベンゲル氏の動向には引き続き注目が集まっていた。

「ル・パリジャン」によれば、ベンゲル氏がFIFAからオファーを受けているのはジャンニ・インファンティーノ会長の「スペシャルアドバイザー」としてのポスト。就任すればテクノロジーの変革やルールの変更、問題の仲裁などを担当することになると言われているが、オファーに対する明確な返答は保留しているとのこと。69歳の伝説的フランス人指揮官は、どんな選択をするのだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング