鹿島の21歳MF平戸が先制弾! 痛恨のPK失敗で苦戦も…ACL王者が1-0で前半折り返す

鹿島FWセルジーニョ【写真:Getty Images】
鹿島FWセルジーニョ【写真:Getty Images】

セルジーニョがPK失敗も、前半終了間際に平戸が貴重な先制ゴール

 鹿島アントラーズは5日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の初戦ジョホール(マレーシア)戦をホームで迎え、前半終了間際にMF平戸太貴のゴールが生まれて1-0でハーフタイムを迎えた。

 昨季に続くACL連覇を狙う鹿島は、リーグ3位からニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)とのプレーオフを4-1で制して本戦へ進出。1日のリーグ第2節・川崎フロンターレ戦(1-1)から先発メンバー5選手を入れ替えて本拠地での開幕戦を迎えた。

 先にビッグチャンスを得たのが鹿島だった。前半15分、FW山口一真のミドルシュートを相手GKが弾くと、セルジーニョがこぼれ球を拾った。そこで相手GKは慌ててセルジーニョを倒してしまいPKの判定。しかし、このチャンスで自らキッカーを務めたセルジーニョはゴール左を狙ったもののコースが甘く、相手GKにストップされてしまった。

 鹿島は左サイドバックのDF安西幸輝の積極的なオーバーラップからチャンスを作る場面が多かった中で迎えた同43分、自ら蹴った左コーナーキックがクリアされたところを拾ったMF平戸太貴が右足クロスを上げると、中央に飛び込んだ鹿島の選手たちの動きに惑わされたGKは動けず、ボールはそのままゴール内へ。鹿島が貴重な先制点を奪い、1-0とリードして前半を終えた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング