レアルDFマルセロ、絶妙ヒールトラップ&弾丸ハーフボレーに反響 「神の領域!」

レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】
レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】

CLアヤックス戦に向けたシュート練習で見せた圧巻の美技をレアルがSNSで公開

 レアル・マドリードはバルセロナとの「エル・クラシコ」2連戦で連敗を喫し、国王杯(コパ・デル・レイ)敗退だけでなく、リーグ優勝争いからも一歩後退した。苦境のなかで現地時間5日にアヤックスとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦を迎えるが、クラブ公式ツイッターは練習でのワンシーンを動画で公開。ブラジル代表DFマルセロが圧巻の美技からハーフボレーを叩き込み、「神の領域」「中盤で起用しよう」と反響を呼んでいる。

 レアルは2月27日の国王杯準決勝第2戦で、バルセロナに0-3と本拠地で大敗。リベンジを期した2日のリーガ・エスパニョーラ第26節でも、バルサのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチに決勝ゴールを許して0-1で敗れ、ライバルとの「エル・クラシコ」で屈辱の2連敗を喫した。

 5日にはアヤックスとのCL決勝トーナメント1回戦第2戦を控えるなか、レアル公式ツイッターは一本の動画を公開した。映像では、マルセロが正面から飛んできたボールを右足ヒールでトラップして自身の正面にコントロールすると、左足でトラップしてそのままハーフボレー。弾丸のような一撃がゴールに突き刺さった。

 レアル公式ツイッター日本語版も「このボールタッチ。このフィニッシュ」と綴ったマルセロのプレーは、投稿のコメント欄で反響を呼んでいる。

「神の領域!」
「魔法のトラップ」
「マルセロはまさにトップタレント」
「彼にとってはノーマルタッチ」

 これまで左SBの不動のレギュラーだったマルセロも、現在は22歳のスペイン人DFレギロンにポジションを奪われている。エル・クラシコ2連戦はマルセロ不在で2連敗となっただけに、「マルセロを中盤で起用しよう」「我々には君が必要だ」といった声も見受けられた。

 CLアヤックス戦で出番をつかみ、苦しむチームを救えるか。稀代のレフティーに大いに期待が懸かる。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング