一瞬の隙と不運… ビジャに日本初ゴールを許した鳥栖DFが悔恨「止まってしまった」

サガン鳥栖のDF高橋祐治【写真:Noriko NAGANO】
サガン鳥栖のDF高橋祐治【写真:Noriko NAGANO】

高橋祐のクリアが味方に当たりチャンスボールに… 「アンラッキーでしたね」

 サガン鳥栖は2日のJ1リーグ第2節ヴィッセル神戸戦で0-1と敗れ、開幕2連敗スタートとなった。神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャに日本初ゴールを許してしまったが、クリアしたボールが味方に当たって絶好のチャンスボールとなってしまったDF高橋祐治は、「止まってしまった」と対応を悔やんだ。

 鳥栖は藤田優人、高橋祐、ニノ・ガロヴィッチ、DFカルロ・ブルシッチの4バックに、MF原輝綺を吸収した5バック気味の守備的な布陣で、ビジャ、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと強力なメンバーが揃う神戸に立ち向かった。しかし、開幕戦の“ゼロトップ”から本来のトップ下に戻ったイニエスタにボールを集められ、DF西大伍、DF初瀬亮の両サイドを使った攻撃に押し込まれる展開が長く続く。

 ビジャにクロスバー直撃のシュートを放たれながらも、前半をなんとか無失点で切り抜けた鳥栖だったが、後半9分に不運な形で失点を許してしまう。神戸MF山口蛍のロングフィードからビジャが裏に抜け出そうとした際、高橋祐は前に出て頭でボールを処理したが、このボールがDF谷口博之の足に当たって自陣ゴール方向へ。残っていたビジャへの絶好のパスとなってしまい、GK大久保択生の飛び出しも及ばずに決勝ゴールを奪われてしまった。

 ビジャの対応に当たった高橋祐は、「オフサイドかなと思った」と明かす。実際、山口からロングフィードが出た瞬間、中央でスペースに動くビジャを視界に捉えながら、右手を挙げてオフサイドをアピールしている。しかし、主審が笛を吹くことはなく、高橋祐はビジャの前に入って頭でクリアを試みたが、味方に当たってボールはビジャへ。反応が遅れた高橋祐は後ろからゴールが決まる光景を見届けるしかなかった。「アンラッキーでしたね」と振り返りつつ、世界的ストライカーのビジャへの対応について「止まってしまった」と反省する。

「(ビジャは)キープ力もあるし、ドリブルもできる。抜け出しはタイミングを含めて本当に上手いし、キープ力も凄かった。パスを出す人も上手いので、少しでも気を緩めたらやられる。自分もレベルアップしていかないといけないと思いました」

 ビジャというビッグネームと対戦した経験と敗戦の悔しさが、鳥栖の最終ラインの一角を担う高橋祐をまた一つ強くさせるはずだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング