“選手”はJクラブの全サポーター! Jリーグとコナミがeスポーツ共同開催を発表

Jリーグとコナミがeスポーツ共同開催を発表【写真:Football ZONE web】
Jリーグとコナミがeスポーツ共同開催を発表【写真:Football ZONE web】

人気モバイルゲーム「ウイニングイレブン」を競技タイトルに使用した大会を開催

 Jリーグは3月1日、株式会社コナミデジタルエンタテイメントとeスポーツ共同開催を発表した。モバイルゲーム「ウイニングイレブン2019」を競技タイトルに使用した、eスポーツ「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」を実施。“選手”はJクラブの全サポーターで、全試合結果がクラブの順位につながる。

 Jリーグは開幕25周年を迎えた2018年、近年盛り上がりを見せているeスポーツの分野に進出し、大会を初開催。eスポーツ大会「明治安田生命eJ.LEAGUE」を通じ、eスポーツの世界でもサッカーの魅力を伝えていく第一歩を踏み出した。

 Jリーグとコナミデジタルエンタテインメントは今回、もっとも身近なデバイスであるスマートフォンを活用したeスポーツを通して、新しいサッカーの楽しみ方を提供し、ファン層の拡大を目指すという目的が一致。世界累計1億5000万ダウンロードを突破しているモバイルゲーム「ウイニングイレブン2019」を競技タイトルに、J1・J2全40クラブそれぞれに3選手を登録して行うJクラブ対抗戦「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」を共同開催するに至った。

 Jリーグの村井満チェアマンは、「モバイルなくして生活は成り立たない時代。いつでもどこでも利用できる特徴がある。DAZNではリアルなサッカーを楽しんでいただき、ゲームでいつでもどこでも楽しんでいただこうと。よりサッカーが身近になることを確信している」とアピール。コナミデジタルエンタテイメントのプロモーション企画本部副本部長の車田貴之氏も、「スマートフォンを活用したeスポーツは、幅広く参加いただける大会。実際のJリーグのシーズンとの相乗効果で盛り上がることも期待しています」と語った。

 大会は3月7日からエントリーがスタートし、同22日からオンライン予選(第1ステージ:3月22日~4月15日/第2ステージ:4月19日~5月13日)を実施。優秀な成績を収めた“選手”が6月に開催される「クラブ代表選考会」に出場し、代表チームの「15歳以下(U-15)」「18歳以下(U-18)」「全年齢(フル)」メンバー3選手を決定。40クラブで行われる本大会(U15、U-18、フルの3対3の対戦)は7月14日・15日に行われる予定だ。賞金総額は1500万円。成績順位に応じて、Jリーグから各クラブへ賞金が支払われる。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング