バルサ英雄リバウド、“祝福拒否”のレアルFWベイルを擁護 「満足していなくて当然」

「彼は自分の状況に苛立っているのだろう」とベンチスタートが続く状況に理解

 この“間違った人”という表現は、ベイルをベンチに置く決断を下したサンティアゴ・ソラーリ監督のことを示唆しているのだろう。リバウドはバルサ時代、得意のトップ下ではなくサイドで起用したルイス・ファン・ハール監督(当時)と軋轢があったことは有名な話だ。そんな経験もあってか、このようにも続けている。

「彼は自分の状況に苛立っているのだろう。ベイルは大一番で違いを生み出し、チームを頂点へと前進させる。ここ最近はベンチからの起用もあるからこそ、満足していなくて当然だろう」

 フラストレーションを溜めているベイルが、クラシコ連戦でその鬱憤を晴らせるか。もちろんそのチャンスを与えるか否かは、ソラーリ監督次第だ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング