ベジクタシュ香川、初先発1アシストに反響続々 「賢い」「超一流」「詩のようにプレー」

フェネルバフチェ戦で移籍後初スタメンを飾った香川【写真:(C)BesiktasJK】
フェネルバフチェ戦で移籍後初スタメンを飾った香川【写真:(C)BesiktasJK】

現地メディアがファンの反応を特集、2ゴールに絡み称賛「カガワは見ていて楽しい」

 MF香川真司が所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間25日、リーグ第23節でフェネルバフチェとのイスタンブール・ダービーに臨み、3-3のドローに終った。移籍後初スタメンを飾った香川は1アシストと結果を残したなか、トルコメディア「Ajansspor」は試合後のファンの反応を特集している。

 デビュー戦で途中出場から3分間2ゴールの離れ業をやってのけた香川は、移籍後4試合目にトップ下で初先発。前半10分にFKのキッカーを務めて先制点の起点になると、2-0で迎えた前半終了間際には絶妙なスルーパスを通してトルコ代表FWブラク・ユルマズのゴールを演出した。

 後半に入ると相手が香川へのマークを徹底し、日本人MFにボールが思うように集まらず、ベジクタシュの攻撃は機能不全に陥る。主導権を奪われて3ゴールを奪われ、最終的に3-3で終えた。

 香川は後半40分までプレーしたなか、後半こそ存在感が薄れたものの、前半は1アシストを含め2ゴールに関与する働きを披露。そんななか、トルコメディア「Ajansspor」は香川に関するファンの反応をまとめており、称賛のコメントが多く並んだ。

「香川は賢い男だ」
「彼は詩のように訴えるプレーをする」
「前半45分間は超一流だった」
「カガワとブラク(・ユルマズ)、ウチのチームにいてくれたら……見るだけで嫉妬だ」
「カガワは、前半に素晴らしい内容を引き出した」
「(ガラタサライ10番MF/ユネス・)ベランダの代わりにカガワがいてくれたら……」
「足元にボールがある時、香川はスーパースターだ」
「カガワは見ていて楽しい」
「中盤のマン・オブ・ザ・マッチだ」
「なんてクオリティーだ」

 初スタメンで結果を残した香川は上々のインパクトを残しており、ファンからの支持率はさらに上昇しそうな気配だ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング