“小皇帝”バラック、独王者も注視する18歳新星FWに助言 「私ならチェルシーに留まる」

チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】
チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】

ハドソン=オドイにはバイエルンがオファーを提示も移籍は実現せず

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールとU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイには、それぞれレアル・マドリードとバイエルンへの移籍の噂が浮上している。チェルシーOBの元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏は、2人を「クラブの未来」と称し、新天地候補からの興味を無視するように促した。英ラジオ局「talkSPORT」が報じている。

 チェルシーの象徴と言えるアザールと、高いポテンシャルをピッチで発揮し始めている18歳ハドソン=オドイ。2人には欧州のビッグクラブが興味を示しており、特にハドソン=オドイには1月の移籍期間中にバイエルンからオファーがあったとされている。

 チェルシーは売却を拒否したとされるが、マウリツィオ・サッリ監督は今のところハドソン=オドイを定期的にプレーさせていない。18歳の新星は出場機会を求めて、移籍先を探すのでは、と伝えられている。

 しかし、かつてチェルシーとバイエルンの両クラブでプレーしたバラック氏は、ハドソン=オドイがドイツ移籍に関心を持っていることを理解しつつ、ロンドンに残るべきだと主張した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング