初先発1アシストのベジクタシュ香川、パス成功率88%…データ4部門でチーム最高値

移籍後初スタメンを飾った香川は、4部門でチームトップの数値を残している【写真:(C)BesiktasJK】
移籍後初スタメンを飾った香川は、4部門でチームトップの数値を残している【写真:(C)BesiktasJK】

データ分析会社がフェネルバフチェ戦の数値を公開、香川の存在感を物語る数値に

 MF香川真司が所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間25日、リーグ第23節でフェネルバフチェとのイスタンブール・ダービーに臨み、3-3のドローに終った。移籍後初スタメンを飾った香川は1アシストと結果を残したなか、4部門でチームトップの数値を残している。データ分析会社「オプタ」が公開した。

 移籍後4試合目にして初スタメンの座を勝ち取った香川はトップ下で出場。前半10分、敵陣右サイドで得たFKから中央にボールを送ると、その流れからトルコ代表DFギョクハン・ギョニュルがゴールを決めてベジクタシュが先制。前半18分、トルコ代表FWブラク・ユルマズがPKを沈めたなか、前半終了間際には香川が絶妙なスルーパスを通してユルマズの追加点を演出し、3-0とリードして前半を折り返した。

 ところが後半に入ると香川への警戒が強まり、攻撃の流れが停滞。相手に主導権を握られて3失点し、3-3の痛み分けに終わっている。後半40分までプレーし、移籍後初アシストをマークした香川のパフォーマンスについて現地で称賛の声が上がるなか、データも香川の存在感を物語る形となった。

 データ分析会社「オプタ」は、香川が「パス成功率」「敵陣パス成功率」「クロス数」「ドリブル回数」の4部門でチームトップと伝えている。それぞれの数値は以下の通りだ。

パス:33本
パス成功率:88%(今節チームトップ)
敵陣パス成功率:87%(今節チームトップ)
クロス:7本(今節チームトップ)
ドリブル:5本(今節チームトップ)

 惜しくも勝利を逃したベジクタシュだが、香川は上々のパフォーマンスを披露しており、次節に向けて大きな期待を抱かせる内容となった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング