ベジクタシュ香川が初先発で躍動! 元リバプールDFを華麗な“股抜きドリブル”で手玉

ベジクタシュのMF香川真司【写真:(C)BesiktasJK】
ベジクタシュのMF香川真司【写真:(C)BesiktasJK】

トップ下出場の香川、フェネルバフチェDFシュクルテルを切れ味鋭いドリブルで翻弄

 MF香川真司が所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間25日、リーグ第23節でフェネルバフチェとのイスタンブール・ダービーに臨み、3-3ドローに終った。移籍後初スタメンを飾った香川はトップ下に入り、1アシストをマークするなど存在感を放ち、前半19分には華麗なドリブルも披露してチャンスを演出している。

 1月31日にドルトムントからベジクタシュに移籍した香川は、新天地デビュー戦で2ゴールと強烈なインパクトを放ち、このダービー戦で初スタメン。FKやCKのキッカーを務めた香川は、前半10分に敵陣右サイドで獲得したFKで正確なボールを供給すると、その流れからトルコ代表DFギョクハン・ギョニュルの先制点が生まれた。

 コンディションの良さを感じさせる香川は随所にキレのあるプレーを披露。前半19分には敵陣右サイドでボールをキープすると、対峙したフェネルバフチェの元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルを鋭い切り返しで翻弄する。相手がすぐさま反転して追いすがると、香川は右足で逆を突くようにボールを押し出し、股抜きドリブルでかわした。

 直後のクロスは相手DFにぎりぎりのところでクリアされたが、9シーズンにわたってリバプールに所属したシュクルテルを手玉に取るドリブルを披露した香川。初スタメン抜擢の期待に応えるような躍動ぶりで攻撃をけん引した。

 3-0とリードして後半を迎えたベジクタシュだったが、香川のボールタッチ数が減ると攻撃の迫力が失われ、相手の攻勢を受けて3失点。後半40分に途中交代した香川だが、個人としては上々のパフォーマンスを披露した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング