ビジャは「夢の初舞台ならず」 イニエスタとの“黄金コンビ”復活で母国スペイン紙反応

ビジャとイニエスタのコンビに世界が注目している【写真:Getty Images】
ビジャとイニエスタのコンビに世界が注目している【写真:Getty Images】

ビジャ、イニエスタ、ポドルスキが揃い踏みもC大阪に0-1で敗戦

 2019年のJリーグは、22日のセレッソ大阪対ヴィッセル神戸の開幕戦でシーズンの幕が切って落とされた。同カードは神戸に加入した元スペイン代表FWダビド・ビジャの日本デビュー戦となったが、バルセロナやスペイン代表で共闘した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとの“黄金コンビ”も不発に終わり、母国メディアは「夢の初舞台とはならなかった」と報じている。

 昨季終了後にMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFC退団が決まったビジャは、神戸に電撃加入。22日の開幕戦ではビジャ、イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのワールドカップ優勝トリオがスタメンに揃い踏みし、37歳のストライカーは左ウイングに入った。

 前半、左サイドから果敢にカットインしてゴールを狙ったが、イニエスタやポドルスキとの連携が合わないシーンも多く、シュート3本も不発。後半32分にC大阪DF山下達也に決勝ゴールを決められ、日本での初陣は0-1で敗れた。

 スペイン紙「マルカ」は、「ダビド・ビジャとアンドレス・イニエスタのコンビが公式戦に帰ってきた」と再びコンビを組むことになった母国のスーパースター2人に着目。「ストライカー(ビジャ)は日本のリーグで夢の初舞台とはならなかった」と“ホロ苦デビュー”を伝えている。

 次節のサガン鳥栖戦以降、ビジャがいかにして神戸の戦術とJリーグのスタイルに適応していくのか。復活したイニエスタとのコンビに、世界が注目している。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング