アドリアーノは「無双を体現」 回転式ノールック股抜きに再脚光「ビッグエンペラー」

「当時は史上最高になり得た」「“皇帝”がいたからインテルのファンだった」

 ピックアップされたのは、2004-05シーズンのCLグループステージ、インテル対バレンシア戦だ。敵陣のペナルティーエリアにドリブルで侵入したアドリアーノは、飛び出してきた相手GKのタックルを鮮やかに交わし、さらに縦へ突破。左側からマーカーがカバーに来た瞬間、相手に背を向けたまま右足ヒールでボールをコントロールして股下を抜き、反転して入れ替わり、中央へ折り返した。

 反転、ノールック、ヒールでの股抜きとテクニックを凝縮させた大技に、投稿のコメント欄には「“皇帝”がいたからインテルのファンだった」「無双を体現した男」「当時は史上最高になり得た」「ビッグエンペラー」「パワーファイター」とファンからのメッセージが相次いだ。

 順調にキャリアを歩んでいたら――。2000年代を彩ったブラジル最高峰のストライカーにそう思いを馳せるファンも少なくないかもしれない。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング