天才バッジョ、52歳の誕生日を世界が祝福 「神のポニーテール」「永遠に忘れない」

元イタリア代表FWロベルト・バッジョ【写真:Getty Images】
元イタリア代表FWロベルト・バッジョ【写真:Getty Images】

18日に稀代のファンタジスタとしてその名を轟かせた男が52歳を迎え、FIFAなどが祝福

 “イタリアの至宝”こと元イタリア代表FWロベルト・バッジョが、18日に52歳の誕生日を迎えた。1980~90年代にかけて一世を風靡した稀代のファンタジスタの記念日に、FIFA(国際サッカー連盟)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)公式ツイッターがメッセージを投稿。往年のファンからも「神のポニーテール」「永遠に忘れることはない選手」と祝福の声が上がっている。

 バッジョは1981年にセリエC1のヴィチェンツァでデビュー。フィオレンティーナを経て名門ユベントスに移籍すると、1993年にはUEFAカップ(現EL)を制し、バロンドールとFIFA世界年間最優秀選手とダブル受賞。94-95シーズンには自身初のセリエA優勝を果たした。その後、ACミラン、ボローニャ、インテルと渡り歩き、2000年からブレシアで4年間プレー。03-04シーズンを最後に現役を引退した。

 バッジョと言えば、1994年のアメリカ・ワールドカップ決勝のPK戦で最後のキッカーとして失敗し、うなだれた姿を記憶しているファンも多いだろう。その後、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)がUEFAチャンピオンズリーグでPKを外した際には、「PKを失敗するのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」との名言を残している。

 そんな稀代のファンタジスタが、18日に52歳の誕生日を迎えた。FIFA公式ツイッターは「アッズーリのアイコンが52歳を迎えた。偉大なるロベルト・バッジョ、誕生日おめでとう!」と全盛期のイタリア代表のプレー動画とともに祝福。EL公式ツイッターも、「イタリアの偉大なロベルト・バッジョが今日52歳。UEFAカップの記録は41試合18ゴール。1993年優勝」と綴り、1998年から2年間プレーしたインテル時代に華麗なドリブルで相手GKをかわしてゴールを奪うリバイバル動画を公開している。

 両ツイートに対しては、往年のファンから「神のポニーテール」「イタリア最高のプレーヤー」「永遠に忘れない選手」「真の伝説の1人」「バッジョこそファンタジスタ」といったコメントが寄せられており、引退から15年が経過した今も伝説のファンタジスタとして人々の記憶に刻まれている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング