乾貴士の“能力”にアラベス監督も期待 チームに「豊富な選択肢を与えてくれる」

アラベスのMF乾貴士【写真:Getty Images】
アラベスのMF乾貴士【写真:Getty Images】

“保有元”ベティス戦も出場可能 アベラルド監督「クラブ側の素晴らしいマネジメント」

 日本代表MF乾貴士は、今冬の移籍市場でベティスからアラベスへと期限付き移籍で新天地を求め、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節のレバンテ戦で先発デビュー。決定機を逃したものの、チームの2-0での勝利に貢献した。17日に行われる第24節では、早速“保有元”であるベティスと敵地に乗り込んでの試合になるが、スペイン紙「マルカ」によるとアベラルド監督は乾が古巣戦に出場可能なことを喜んでいるようだ。

 アラベスは第20節からリーグ戦3連敗を喫し、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得圏内から一歩後退した。しかし前節レバンテ戦に勝利して連敗をストップすると、順位も6位とEL圏内に再び戻った。チームの躍進を導いているのは、かつてバルセロナでもプレー経験のあるアベラルド監督だ。

 ベティス戦を前にした会見で「(スポーツディレクターの)セルヒオ・フェルナンデスと会長からは、私に続投してほしいと伝えられている」と語るように、来季以降の指揮も熱望していることを明かすとともに、ベティス戦に向けた展望を語っている。その一つは乾についてだ。

 乾について挙げられたのは、古巣相手の試合出場に関する条項だ。レンタル移籍した選手は、保有元のチームとの直接対決でプレーできない条項が結ばれるケースがあるが、今回の乾に対しては適用されていないという。それについて指揮官は「クラブ側の素晴らしいマネジメントだ」と喜ばしいことだとして、チームの中に乾をどう起用するかについてもこのように話している。

「私は中盤のセンターに2人、サイドに2人置きたいと思っている。それに加えて“タカ”の能力が、さらに豊富な選択肢を与えてくれる」

 すでに乾は、アベラルド監督にとって不可欠な戦力として捉えられているようだ。勝ち点3差の7位ベティスとのEL出場権を巡る直接対決で結果を残せば、乾への信頼はさらに高まるはずだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング