韓国メディアが日韓の“欧州組”を比較 韓国人選手を取り巻く「難しい環境」とは?

(左から)日本代表MF堂安、韓国代表代表FWソン・フンミン【写真:ⒸAFC】
(左から)日本代表MF堂安、韓国代表代表FWソン・フンミン【写真:ⒸAFC】

アジア杯登録メンバーで、日本が韓国よりも欧州組の数で上回る

 UAEで開催されたアジアカップは、カタール代表の優勝で幕を閉じた。決勝戦でカタールに1-3で敗れたとはいえ、準優勝の日本代表も若手中心のチームで優勝候補のイランを撃破するなど、堂々とした戦いぶりだった。

 そんななか、韓国メディアではベスト8で敗退した韓国代表と日本代表を比較する記事が多く出ているが、サッカー専門サイト「フットボリスト」は、欧州に進出する選手の数の違いやその理由についてまとめている。

 同サイトはまず、数についてこう比較した。

「アジアカップ決勝戦に進出した日本。森保一監督は本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長谷部誠らを入れず、若い選手でチーム作りを進め、結果を残した。それにほとんどの選手が欧州でプレーしていることも注目を集めた。GK権田修一も、大会期間中にポルトガルのポルティモネンセへの移籍を発表した。韓国はエントリー23人中7人が欧州組。日本は23人中13人が欧州クラブに所属している。韓国は欧州でプレーする選手が、日本よりも少ない。何よりも若い選手たちが欧州に出られる可能性も、日本よりも大きくないのが事実だ。これは個人の意思を問うものではない。選手が欧州に行きたくても、難しい環境を見るべきだ」

 つまり、韓国人選手の欧州進出が少ないのは、個人の意思や能力によるところもあるが、取り巻く環境を見なくてはならないという主張だ。

 その理由の一つに、「軍隊」を上げている。同サイトは日韓に精通する代理人の声として、「何よりも軍隊が問題だ。Kリーグで注目される22歳の選手がいるとして、欧州にこの選手を連れていきたくても、27歳には軍隊に行かなければならないので、そこで迷いが生じるのは当然だ。日本にはこの点で完全に自由だろう」

 そのうえで同サイトの見解として「軍隊の問題は、選手個人の選択にも影響を与えている。選手も軍隊問題が引っかかるので、不確定な状況では、よりお金がもらえるほうを魅力的だと感じる可能性も大きいだろう」と伝えている。

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング