神戸FWビジャ、バレンシア時代の“50mロング弾”をリーガ公式が回顧 「壮大なゴール」

バレンシア時代のFWビジャ【写真:Getty Images】
バレンシア時代のFWビジャ【写真:Getty Images】

05-06シーズンのデポルティボ戦で決めた豪快な一撃に再脚光

 J1ヴィッセル神戸に今季加入した元スペイン代表FWダビド・ビジャは、新シーズン開幕に向けて同胞のフアン・マヌエル・リージョ監督の下で調整を進めている。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとの“ワールドカップ優勝戦士トリオ”に期待が高まるなか、リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターとインスタグラムでは1本のゴール動画を公開。バレンシア時代のビジャが50メートルの距離からロングシュートを決めるゴラッソ動画に、ファンからは「壮大なゴール」など称賛の声が集まっている。

 スペイン代表歴代最多得点記録(59得点)を持つビジャは、母国スペインのスポルティング・ヒホンでプロキャリアをスタート。そして2003-04シーズンに移籍したレアル・サラゴサ、05-06シーズンから在籍したバレンシアと7シーズン連続でリーガ二桁得点をマークし、その実力が認められて10-11シーズンに名門バルセロナ行きを決めた。

 今回、リーガ公式ツイッターとインスタグラムで公開されたのは、リーグ戦37試合25得点をマークした05-06シーズンのデポルティボ・ラ・コルーニャ戦で、ビジャが決めたゴールシーンだ。左サイドのハーフウェーライン付近で縦パスを受けたビジャは、相手DFを背負いながら素早く左回転し中央に向かってトラップ。相手DFとの間合いを広げると次の瞬間、迷うことなく右足を一閃。約50メートルの距離から放たれた一撃は、前にポジションをとっていた相手GKを嘲笑うような軌道を描き、ゴール右隅に吸い込まれた。

 このスーパーゴールの動画を、リーガ公式ツイッターが「アイデアを実現する力を持っていれば…ビジャは史上最高のスペイン人スコアラー?」とのメッセージを添えて投稿。するとインスタグラムのコメント欄も含めて、ファンから「私にとって史上最高のスペイン人選手」「凄い…」「信じられないほど素晴らしい」「なんて壮大なゴールだ」「このゴールが忘れられない」「レジェンド」など、ビジャを称える声があふれていた。

 スペインのサッカー史にその名を刻むストライカーは、今季Jリーグの舞台に立つ。卓越したゴールセンスを武器に、どんな一撃で観る者を驚かせてくれるのか今から楽しみだ。

【PR】UCLアーカイブでは内田篤人がシャルケ時代の試合を自ら解説!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング