香川、電光石火の“デビュー16秒弾”にベジクタシュファン熱狂 「キング」「我らの翼」

香川が衝撃のデビュー戦を飾った【写真:(C)BesiktasJK】
香川が衝撃のデビュー戦を飾った【写真:(C)BesiktasJK】

後半36分にトルコデビューを果たすと、ファーストプレーでドリブルから初ゴール!

 トルコ1部ベジクタシュに移籍したMF香川真司は、衝撃のデビュー戦を飾った。現地時間3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦(6-2)、後半36分に登場すると、トルコデビューからわずか16秒で初ゴールをマーク。さらに同39分には直接FKも決め、3分間で2ゴールを荒稼ぎして格の違いを見せつけた。ベジクタシュファンも「君はキングだ」「カガワは我らの翼だ」「彼はリーダーにふさわしい」と熱狂している。

 6位のベジクタシュは4-2-3-1でスタート。移籍期限最終日の1月31日にドルトムントから期限付き移籍で加入し、2月1日に合流したばかりの香川はベンチスタートとなった。

 前半だけで3点のリードを手にしたベジクタシュ。後半は1点ずつを奪い合い、4-1で迎えた後半36分に香川に出番が回ってきた。ドルトムント時代の昨年10月31日に行われたDFBポカール2回戦ウニオン・ベルリン戦以来の公式戦出場。セルビア代表FWアデム・リャイッチに代わって入った香川はファーストプレーでドリブルを仕掛け、そのままペナルティーアーク左横から右足を一閃。グラウンダーの一撃がゴール左隅に突き刺さり、いきなり初ゴールを奪った。

 香川がピッチに立ったのが後半35分52秒。そこからアタッキングサードでボールを受け、ドリブルからシザースフェイントで揺さぶり、シュートがネットを揺らしたのが後半36分8秒。デビューからわずか16秒と、まさに電光石火の一撃だった。

 香川の勢いは止まらない。後半39分には約25メートルの距離から直接FKを決めてこの日2点目。わずか3分間で2点を挙げてみせた。ベジクタシュ公式ツイッターも、「GOOOOOOOOOOOOOOOOOLLLL」と興奮気味に香川のゴールを速報。投稿のコメント欄には、「スマートガイ」「君はキングだ」「カガワは我らの翼だ」「彼はリーダーにふさわしい」「ベジクタシュは君のチームになる」とファンから歓喜の声が上がった。

 ドルトムントでの苦悩の日々からわずか3日、長年日本代表の10番を背負ってきた男はトルコの地で最高の輝きを放った。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング