「カタール戦出場14人」を金田喜稔が5段階評価 アジア制覇を逃した一戦で最低点は?

(左から) MF南野、MF堂安、FW大迫、DF吉田、DF長友【写真:田口有史 & Getty Images】
(左から) MF南野、MF堂安、FW大迫、DF吉田、DF長友【写真:田口有史 & Getty Images】

カタールに1-3敗戦 采配面の問題が見えた一戦でも、南野は「積極性を見せた」

 日本代表は1日、アジアカップ決勝でカタールに1-3と敗れ、2大会ぶり5回目の優勝を逃した。今大会で6戦全勝同士となった頂上決戦は、序盤から日本のプレスが思うようにハマらず、前半12分に豪快なオーバーヘッド弾で先制を許すと、同27分には強烈なミドルシュートを叩き込まれ、0-2で前半を折り返す。後半24分にMF南野拓実(ザルツブルク)が1点を返して反撃に出るも、同38分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定からPKを献上し、これを決められて万事休した。

 2022年ワールドカップ開催に向けて急成長を遂げ、今大会で旋風を巻き起こしていたカタールに屈した形となったが、選手個々のパフォーマンスはどのようなものだったのか。1970年代から80年代にかけて「天才ドリブラー」としてその名を轟かせ、日本代表としても活躍した金田喜稔氏が、プロフェッショナルな視点でカタール戦に出場した全14選手を5段階で評価(5つ星が最高、1つ星が最低)。序盤から劣勢を強いられ試合中に修正できなかった点について、金田氏は前提として選手個々のパフォーマンスを引き出せなかった采配面での問題を指摘。そのなかで一矢を報いる得点を決めた南野には、唯一の“4つ星”を与えた。

  ◇    ◇    ◇

<FW>
■大迫勇也(ブレーメン)=★★★

 代えがきかない存在であることは間違いなく、カタール相手にもスペースへ顔を出すタイミング、足もとへの収め方には光るものがあった。南野のゴールシーンでは塩谷の縦パスを1タッチで落としてアシスト。一方で途中出場の武藤との絡みはスムーズではなく、結果的に自身に得点は生まれなかった。

<MF>
■南野拓実(ザルツブルク)=★★★★

 今大会を通してゴールへの意欲を示し、思うように得点を奪えなかったもののコンスタントにシュートは放ってきた。この決勝でも積極的な姿勢を示しており、後半24分には大迫との絶妙な連係で抜け出し、飛び出してきた相手GKの上を抜く技ありの一撃を決めた。後半途中からは中盤の左サイドに回ったが、個人的には得点が欲しい状況だっただけに、南野を最後まで中央に置いておきたかった。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング