「成功の日本、失敗の韓国」 アジア杯で生じた「明らかな違い」を韓国メディア指摘

韓国メディアは、「成功の日本、失敗の韓国」と両国を比較している【写真:Getty Images&ⒸAFC】
韓国メディアは、「成功の日本、失敗の韓国」と両国を比較している【写真:Getty Images&ⒸAFC】

FIFAランク29位とアジア最上位のイラン撃破について言及「日本の完全な勝利だった」

 森保一監督率いる日本代表は、2月1日のアジアカップ決勝戦でカタールと対戦する。28日の準決勝ではFIFAランキング29位とアジア最上位(日本は50位でアジア3位)のイラン相手に3-0で勝利したが、無念のベスト8敗退となった韓国メディアは「成功の日本、失敗の韓国。明らかな違いは変化」と報じている。

 日本はイラン戦でエースのFW大迫勇也(ブレーメン)が5試合ぶりの先発復帰。最前線にボールが収まることで、MF南野拓実(ザルツブルク)や堂安律(フローニンゲン)ら2列目のタレントが躍動した。そして、0-0で迎えた後半11分、ドリブル突破した南野のクロスを大迫が頭で合わせて先制。さらに同22分、大迫がPKを沈めてこの日2ゴール目をマークすると、アディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がダメ押し弾を流し込み、難敵イランを3-0で退けた。

 準決勝まで今大会5試合で12得点無失点と圧倒的な強さを見せてきたイランを破って決勝進出を果たした日本に対し、反応したのが韓国メディアだ。

 韓国ニュース総合サイト「ノーカットニュース」は「成功の日本、失敗の韓国。明らかな違いは“変化”」と特集。「日本の完全な勝利だった」とライバル国のイラン撃破と今大会の勝ち上がりについて触れている。

「今大会、日本は本田圭佑、香川真司、長谷部誠、岡崎慎司などこれまで馴染みのある名前が、世代交代でアジアカップのメンバーから外れた。ロシア・ワールドカップを終えて、堂安律などポテンシャルを秘めた20代前半の若手をたくさん抜擢してローテーションで起用。グループリーグから相手を圧倒することはできなかったが、アジア最高権威の舞台を経験し、イラン相手の勝利を味わう機会を分け合った」

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング