ベトナム戦の先発11人不在も… 日本代表が翌日練習後に”集合ショット“の理由は?

指揮官が常々口にする“チーム一丸”を象徴 「バラバラにならず、みんなでまとまって…」

「バラバラにならず、みんなでまとまって、同じ方向を向いて戦っているよということをこの練習でも示していかないといけない。下を向いている選手がいれば引き上げていかないといけない」

 トレーニングでは全員がポジション奪取に向けて精力的なプレーを見せ、森保一監督に猛アピール。球際では激しい競り合いもあり、密度の高い時間を過ごした。槙野は「やらされている練習じゃなくて、しっかり自分たちで意欲を持って取り組む姿勢と楽しくやること。しっかりコンディションを維持し、向上することを意識しています」と、他の選手たちの気持ちを代弁している。

 指揮官も常々“チーム一丸”を強調しているが、今回の集合ショットもそれを象徴するワンシーンとなった。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング