「アブダビの悲劇」 韓国、8強敗退に母国落胆「創造性のないポゼッションに意味はない」

韓国がアジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れた【写真:AP】
韓国がアジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れた【写真:AP】

カタールの守備を崩せず0-1で敗戦 1960年大会以来のアジア王者の夢は潰える

 韓国代表は25日、アジアカップ準々決勝でFIFAランキング93位のカタールに0-1で敗れ、ベスト8で姿を消した。1960年大会以来の優勝を狙うなかでの8強敗退に、母国メディアでの反響も拡大。「アブダビの悲劇」「創造性のないポゼッションサッカーは意味がない」など、落胆と批評の見出しが飛び交っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 韓国のパウロ・ベント監督は、エースのFWソン・フンミンを今大会初めて右サイドで起用。トップ下にはMFファン・インボムを入れ、カタールに挑んだ。

 試合は一進一退の攻防が続くなか、後半に入り韓国が徐々に支配率を高めていく。同27分には、ソン・フンミンがペナルティーエリア内で相手の守備を切り裂くも、左足シュートはGK正面を突いてゴールならず。後半30分には、敵陣ペナルティーエリア手前でMFイ・チョンヨンが倒されてFKを獲得したが、かつてJリーグのアルビレックス新潟でプレーしたDFキム・ジンスが左足で直接狙った一撃は惜しくも右ポストに阻まれた。

 均衡が崩れたのは後半33分だった。カタールのMFアブデルアジズ・ハティムが、一瞬の隙を突いてペナルティーエリア後方の約25メートルの位置から左足を一閃。韓国マーカーの股下を抜けた一撃がゴール右隅に突き刺さり、韓国は先制点を許してしまった。

 その2分後、韓国はDFイ・ヨンの右サイドからのクロスをガンバ大阪のFWファン・ウィジョが押し込んで同点に追いついたかに思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)適用の末にオフサイド判定でノーゴールとなった。終盤にFWイ・スンウを投入して反撃を試みたが、最後までゴールを奪えず。0-1で敗れ、ベスト8で姿を消した。

 韓国スポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、カタール戦がUAEの首都アブダビのシェイク・ザイード・スタジアムで行われたことから、「アブダビの悲劇」と見出しを打ち、「韓国は8強敗退という苦汁をなめた」と速報。一方、韓国サッカー専門サイト「インターフットボール」は、ボール支配率で「60.3%対39.7%」と主導権を握りながら、決定打を欠いた結果を「創造性のないポゼッションサッカーは意味がない」と一刀両断した。

 1960年大会以来のアジア王者の夢が潰えた韓国。その衝撃の反響は広がり続けている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」