「日本は後半、並外れていた」 海外メディアがベトナム戦での“修正力”に賛辞

日本がベトナムに1-0で競り勝ち、ベスト4進出を決めた【写真:Yukihito Taguchi】
日本がベトナムに1-0で競り勝ち、ベスト4進出を決めた【写真:Yukihito Taguchi】

日本がベトナムに1-0で競り勝ち、一番乗りでアジア杯ベスト4進出

 日本代表は24日、アジアカップ準々決勝でベトナム代表と対戦し、MF堂安律(フローニンゲン)がVAR判定によって得たPKを決め、1-0と勝利した。これで今大会初戦から5試合連続の1点差勝利と僅差の戦いが続いているが、海外メディアは「並外れた」と後半の戦いぶりを称賛している。

 日本は16強サウジアラビア戦の先発メンバーをベースに、1トップを出場停止のFW武藤嘉紀(ニューカッスル)からFW北川航也(清水エスパルス)に変更した布陣でベトナム戦に臨んだ。前半24分、左コーナーキックの場面で、MF柴崎岳(ヘタフェ)が蹴ったボールをDF吉田麻也(サウサンプトン)がヘディングで合わせてネットを揺らすも、今大会の準々決勝から導入されたVAR判定により、シュートが腕に当たったとしてノーゴールとなった。

 しかし後半8分、MF原口元気(ハノーファー)のスルーパスをペナルティーエリア右で受けた堂安がドリブルを試みるも、相手DFに足をかけられ転倒。その場は主審に流されるも、3分後にVAR判定でPKが与えられ、堂安が冷静にゴール右隅へと流し込み先制点を奪った。結果的にこのゴールが決勝弾となり、日本が準決勝へと駒を進めた。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版の公式ツイッターは、後半に好パフォーマンスを見せた日本に対し、「日本は後半、並外れていた」と称え、「ベトナムは大幅な改善を施したパフォーマンスを見せた強大なサムライ・ブルーに屈した」と伝えている。

 2度のVARが勝負を分ける一戦となったが、手堅さを見せた日本が一番乗りで準決勝に進出した。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング