「堂安はベトナム人選手ではありません」 日本戦を前にベトナムメディアが異例の紹介文

日本代表MF堂安律【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表MF堂安律【写真:Yukihito Taguchi】

ベトナムではポピュラーな名字であることから、ベトナム国内では同国出身論が噴出

 アジアカップが開催されているUAEにいる日本代表は、現地時間24日、同大会の準々決勝でベトナム代表と対戦する。日本の対戦国であるベトナムは、同国史上初となるベスト4進出を目指しているが、その大一番を目前に、ベトナムメディアは「堂安はベトナム人選手ではありません」と、異例のメッセージを発信している。

 グループリーグを3連勝で首位通過を果たした日本は、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場国同士の強豪対決となった21日のラウンド16・サウジアラビア戦も1-0で制した。準々決勝は格下のベトナムが相手となるが、近年の同国代表は著しい成長を見せており、今大会でも前評判を覆してベスト8まで駆け上がってきた。

 2007年大会以来の8強進出を果たしたベトナムだが、同国メディア「bongdanet.vn」は、変わった理由から日本代表MF堂安律の特集を組んだ。その見出しには、「堂安はベトナム人選手ではありません」とあり、20歳の日本代表MFについて異例の説明をしている。

 今大会、タイ代表にはベトナム人の祖父を持つトリスタン・ドーという選手が出場していた。これもあってベトナムにルーツを持つ選手が、同国内で注目されているのだが、「日本代表のMF堂安律は、1998年6月16日に兵庫県尼崎市で生まれた。ドウアンという名前はベトナム国内では非常に広く行き渡っていることから、堂安本人、もしくは彼の家族がベトナム出身なのではないかと憶測が拡大している。日本では、ドウアンという名前は非常に珍しいものでもある。しかし、日本のマスコミは堂安の出身国について明確な回答を出している。彼の家系も日本人であり、ベトナムにルーツはない。タイ代表のトリスタン・ドーとは完全に異なる話だ」と伝えている。

 この紹介文が掲載された背景には、堂安という名字がベトナムではポピュラーなものであることがある。ベトナム国内では、「ドウアンは、ベトナム出身の選手なのではないか?」という憶測が広がっており、それに対する解答として、この記事が掲載されたのだ。

 堂安については、そのルーツが日本にあることだけではなく、「ここ数年で驚くべき飛躍を遂げている」とも伝えており、「この20歳のパフォーマンスは強烈なインパクトを残している。森保一監督も香川真司と本田圭佑の跡を継ぐ、司令塔に指名する準備を整えている」と紹介。そして、「ベトナムが日本に勝つためには、準々決勝で堂安を確実に仕留める必要がある」と、要注意選手として警戒した。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」