20歳DF冨安、CKから初ゴール! 日本代表の“アジア杯最年少得点記録”を更新

代表初ゴールをマークしたDF冨安【写真:Getty Images】
代表初ゴールをマークしたDF冨安【写真:Getty Images】

16強サウジアラビア戦で先制ゴール、堂安の持つ最年少記録を更新

 ベスト8を懸けた重要な一戦で嬉しい代表初ゴールだ。21日のアジアカップ決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦、20歳の日本代表DF冨安健洋がCKからのヘディングシュートでネットを揺らし、チームに先制ゴールをもたらした。

 サウジアラビアに攻め込まれる時間帯もあったなかで、日本は前半20分に左サイドでのCKを獲得。MF柴崎岳のキックに合わせたのが冨安だった。身長188センチの高さを生かしたヘディングで代表初ゴールをマークした。

 9日のトルクメニスタン戦(3-2)でMF堂安律がアジアカップでの日本代表最年少得点記録(20歳207日)を打ち立てていたが、冨安は同記録をさらに更新する20歳77日でのゴールとなった。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング