冨安のA代表初ヘッド弾に海外メディア注目 「GKにとってどうしようもないゴール」

日本代表DF冨安(右)【写真:AP】
日本代表DF冨安(右)【写真:AP】

前半20分、柴崎のコーナーキックを打点の高いヘッドで仕留める

 森保一監督率いる日本代表は21日、アジアカップ16強でサウジアラビアと対戦し、1-0とリードして前半を折り返した。前半20分、コーナーキックからDF冨安健洋(シント=トロイデン)がヘディングで合わせるA代表初ゴールに、海外メディアも反応している。

 試合序盤は積極的な攻めを見せるサウジアラビアに対し、守備ブロックを築いてカウンターを狙う日本。前半20分、コーナーキックからMF柴崎岳(ヘタフェ)がゴール前に放り込むと、冨安が高い打点でマーカーに競り勝ち、ゴール左にヘディングシュートを流し込んだ。

 20歳77日での得点はアジアカップにおける日本代表最年少ゴールとなったが、衛星放送「FOXスポーツ」も冨安のヘディング弾を速報している。

「冨安のヘディングを引き出したのは柴崎岳によるコーナーだった。彼には一切のミスがなかった。サウジアラビアのGKにとってどうしようもないゴールが左隅に突き刺さった。見事なゴールだった」

 チーム最年少ながら、冨安はゴールという結果でも日本を牽引している。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング