「すでに3つ断った」 モウリーニョ、監督オファーを吟味「クロップやペップのような…」

昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を辞任したジョゼ・モウリーニョ氏【写真:Getty Images】
昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を辞任したジョゼ・モウリーニョ氏【写真:Getty Images】

マンUを事実上解任、クラブから完全なサポートを受けていなかったことを示唆

 昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を辞任したジョゼ・モウリーニョ氏は、現在フリーの身となっている。同氏は、自身の求めるようなクラブであれば指揮を執りたいと話すとともに、今の若い選手は「繊細すぎる」と述べた。英公共放送「BBC」が報じている。

 クラブは「結果、スタイル、そして、若手の育成にも進歩が見られなかった」と声明を発表し、モウリーニョ氏を事実上、解任した。ユナイテッドOBのギャリー・ネビル氏はモウリーニョ氏のプレースタイルを批判し、個人の哲学をクラブに強いることが二度と起きてはいけないと述べていた。

 これに対し、モウリーニョ氏は衛星放送「ビーイン・スポーツ」で、「ギャリー・ネビルは私の哲学を知らない。場合による。(リバプールの)ユルゲン・クロップや(マンチェスター・シティの)ペップ・グアルディオラと同じような環境のクラブであれば喜んで指揮を執りたい」と話し、自身はクラブから完全なサポートを受けていなかったことを強調した。そして、「すでに3つのオファーを断った。私の求めるオファーではないと思ったんだ」と、次の就職先を吟味していることを明かした。

 同氏はユナイテッドの監督時代、フランス代表FWアンソニー・マルシアルやイングランド代表DFルーク・ショー、現在のオレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下で活気を取り戻したイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらについて、さまざまな視点からメディアの前で批判していた。

 これらを受けて、選手の一人から練習中の批判を止めるように頼まれたことがあると明かしたモウリーニョ氏は、近年の若いプレーヤーは「繊細すぎる」との見解を示している。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング