レアルの魔法使い、“時間を止める”一撃必殺ヒールパスに再脚光 「英雄である理由」

レアル・マドリード時代のMFグティ氏【写真:Getty Images】
レアル・マドリード時代のMFグティ氏【写真:Getty Images】

リーガ公式がレアル対セビージャを前にグティの超絶キラーパスの動画を公開

 レアル・マドリードは現地時間19日、リーガ・エスパニョーラ第20節でセビージャとの対戦を控えている。4位レアルにとっては勝ち点33で並ぶ3位セビージャとの大一番となるが、リーガ公式インスタグラムは過去の対戦の名場面を公開し、元スペイン代表MFグティ氏が見せた華麗なバックヒールに再脚光を当てている。

 昨季、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で前人未到の3連覇を達成したレアルだが、ジネディーヌ・ジダン監督が退任し、フレン・ロペテギ政権の下で今季を迎えた。しかし、チームは序盤から大不振に陥り、ロペテギ監督は2カ月ほどで解任されることに。11月からはサンティアゴ・ソラーリ監督が後任を務めているが、本調子を取り戻したとは言えないパフォーマンスが続いている。

 対するセビージャは今季3位と好調を維持しており、レアルにとっては大きな試練を迎えることになる。3位を懸けた重要な一戦の前に、リーガ公式インスタグラムは過去の両チームの対戦で生まれた名場面を振り返った。動画の公開を受けて、時を経て再び注目されているのが、レアルの英雄・元スペイン代表MFグティ氏の華麗なヒールパスによるアシストだ。

 このプレーが生まれたのは、2005-06シーズンの1月15日に行われたセビージャ戦、1-2のビハインドで迎えた後半15分だった。ペナルティーエリア手前でこぼれ球を拾ったグティ氏は胸でトラップし、体を左に向けボールを落ち着かせると、一瞬左サイドのパスコースを探す素振りを見せる。しかし、次の瞬間には突如ノールックで左足のバックヒールを繰り出した。完全にセビージャの守備網の逆を突いたキラーパスは綺麗にゴール前に通り、裏へ抜け出したジダン氏がゴール左に流し込んだ。このアシストまで劣勢だったレアルだが、最終的にはジダンのハットトリックもあり、4-2で勝利を収めている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング