チェルシーが18歳FWを全力で引き留めへ 週給最大991万円のメガオファー提示か

チェルシーのFWハドソン=オドイ【写真:Getty Images】
チェルシーのFWハドソン=オドイ【写真:Getty Images】

バイエルンのトップターゲットであるハドソン=オドイに破格のオファー

 U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイの引き留めに向け、チェルシーがメガオファーを提示する用意があるようだ。同選手を巡っては、バイエルンが今冬のトップターゲットと定めて獲得の意思を示し、チェルシーに再三オファーを出している。

 バイエルンは18歳のハドソン=オドイ獲得に向け、移籍金を徐々に増額しており、最近ではチェルシーの評価額に届く3500万ポンド(約49億6000万円)で4度目の打診を行った。将来が楽しみな若手とはいえ、ここまでイングランド・プレミアリーグにわずか2試合しか出場していない選手に対しては破格の金額を提示し、“本気モード”であることを示している。

 しかし、チェルシーは秘蔵っ子ハドソン=オドイをどうしてもバイエルンに渡したくない様子。英紙「デイリー・メール」によれば、チェルシーは同選手に対し、最低でも週給5万ポンド(約707万円)、一定の条件を満たせば週給7万ポンド(約991万円)という新契約を提示する見込みで、移籍阻止に動く予定だという。現在のハドソン=オドイの週給は2万2000ポンド(約311万円)だというから、最高で3倍以上もアップすることになる。

 これが実現すれば、ハドソン=オドイは10代のサッカー選手としては最高峰のサラリーを得る選手となる。バイエルンが獲得に本気なら、チェルシーも慰留に本気ということだが、肝心の本人の気持ちはトップチームでより試合に出場できる可能性の高いバイエルン行きに傾いているともっぱらの噂。メガオファーの提示で同選手の心をつなぎとめることができるかどうかは不透明だ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング